ED治療薬の比較

ED治療薬の比較

3大ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスの成分は3つとも5型ホスホジエステラーゼ阻害剤に分類される成分です。ペニスを勃起させるメカニズムが同じなので、副作用や飲んではいけないお薬なども似ていますがそれぞれ特徴があります。

項目別に比較してみましたので、どのED治療薬がいいか迷っている方は参考にしてみてください。

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
効果の強さ ◎~○
速効性 ×
効果の持続時間 3~5 5~10 24~36
副作用
食事の影響 ×
 お酒の影響

効果の強さの比較

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
効果の強さ ◎~○

まず効果の強さとはここでは勃起力を指します。効き方に個人差はあるもののバイアグラ系とレビトラ系はほぼ互角でかなり強い勃起になります。それに対してシアリスは自然な勃起に近いソフトな感じになっています。
バイアグラよりもレビトラのほうが断然強いという人もいますが、バイアグラ系は副作用も強いので心臓がドキドキしたり血流が良くなって火照ったりします。なので体全体にバーンとインパクトがあるという意味ではバイアグラ系の方が強いですが、勃起力という意味ではほとんど差がないと考えて良いでしょう。
シアリスは他の2つと比較すると弱いですが、日本以外ではバイアグラ系やレビトラ系を抑えてシアリスが1番人気がある国もあります。感じ方は人によりますが60代70代でもシアリス系を常用している方もいますし効果が弱いということもありませんのでそこは安心していいでしょう。

速効性の比較

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
速効性 ×

速効性というのは服用してから効果が出てくるまでの時間です。3つとも基本的に空腹の状態で服用した場合の数字ですが、一番速いのがレビトラ系で15~30分、バイアグラ系が30~60分、1番時間がかかるシアリス系は2~3時間でした。レビトラ系やバイアグラ系は急にエッチをすることになっても、すぐに飲んでからシャワーを浴びたり前戯をしたりしている間に効いてくるので間に合わせることも可能ですが、シアリス系は飲んでから2~3時間必要なので前もって飲んで準備しておく必要があります。シアリスを常用している方でも、もしものときのためにレビトラ系も持ち歩いていればいざという時に5mgとか10mgを飲んで対応するという使い方ができますね。
ちなみに3つとも速く薬の成分を吸収するには空腹時に多めの水分で飲むことが大事です。食後に服用すると一気に速効性が落ちますので注意しましょう。

持続時間の比較

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
効果の持続時間 3~5 5~10 24~36

効果の持続時間はかなり個人差があります。というのも飲んだ成分が血液中に溶けて入りますが、その濃度がどのくらいで効果を感じるのかというのは人によって違うからです。また血液中の濃度は徐々に下がっていくので「ピークを過ぎると徐々に勃起力が弱くなってきて上記の時間あたりで勃起しにくくなる」という感じが正解です。
こちらの数字は目安ですが、基本的には服用した量が少ないと効果時間は短くて服用量が多いと効果時間は長くなります。
一番長いのがシアリス系で、服用量が10mgで24時間、20mgでは36時間も持続します。1錠で2日遊べるという意味で「ウィークエンドピル」と呼ばれるだけあって効果の長さはダントツで1位です。次に長いのはレビトラ系で、10mgで5時間、20mgで10時間といわれています。一番短いのがバイアグラ系で25mgで3時間、50mgで5時間ていどといわれています。
服用してすぐにエッチをするなら持続力よりも速効性が大事になると思いますが、いつエッチするかわからないとか、エッチの前に食事をするとか、2回戦3回戦を予定している場合は持続時間を考慮してED治療薬を選ばないといけませんね。

副作用の強さの比較

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
副作用

ED治療薬の副作用は基本的には一時的なものなので、ピークを過ぎれば弱くなっていきます。3つとも5型ホスホジエステラーゼ阻害剤なので、血行が良くなり皮膚の薄い顔・耳・首や白目などが赤くなります。これはお酒で赤くなりやすい人に多い副作用です。頭の毛細血管の血行がよくなって頭痛がするのも、お酒で頭痛がする人はなりやすいですね。それから心臓がバクバクしたり、鼻が詰まったり、胸焼けがしたりなどがあります。
バイアグラ系を多めに飲んでもあまり気にならない人はならないですし、シアリス系でも副作用が強いと感じる人もいます。また服用量が少なければ副作用も弱くなるので、副作用が気になる人は服用量を減らしてみましょう。

食事の影響の比較

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
食事の影響 ×

食事の影響というのは胃の中に食べ物が入っている状況で服用した時に、薬がちゃんと吸収されるかどうかという事です。バイアグラ系は食後に服用するのには一番適していません。特に油に溶けにくいので脂っこいものを食べると少しの量でも全く効果が無いという場合もあります。
レビトラ系は700kcalまでの脂分がすくない食事なら影響がないといわれていますが、空腹時よりは吸収に時間がかかるし弱くなると感じる人が多いです。速効性は失われますね。それでもバイアグラと比較すると全然いいです。食べる量を少なめにあっさりめにすればほとんど影響がないので、エッチの前に少し食べたりするのもOKです。
シアリス系はそもそも吸収に時間がかかるので速効性は関係ないですね。影響も一番少ないので満腹で飲んでも3~5時間も過ぎれば効果が出ているでしょう。でも、満腹時に飲むよりもその食事の前に飲んでから食べたほうが効率がいいです。

ちなみに食事の前に飲む場合は、飲んで薬を吸収するのにかかる時間が30分ほどなので服用してから食べるまで30分以上あけるようにしてください。その後に食事をすればバイアグラ系でもシアリス系でもレビトラ系でも食事の影響はほとんど関係ありません。

お酒の影響の比較

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
お酒の影響

お酒を飲むと勃起しにくくなるのはEDでなくてもある現象ですね。ED薬を飲んでいるときもそれは同じで、過度な飲酒は3種類のどれでも悪影響です。
それからお酒を飲むと血行が良くなりますよね?ED治療薬にも同じく血行がよくなる効果があるので、ED治療薬とお酒の相乗効果で心臓がバクバクしたり、一気に酔っ払うことがあります。
レビトラ系やシアリス系はバイアグラ系と比較すればお酒の影響が少ないですが、それでも酒量は少なめにしましょう。

総合

  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
効果の強さ ◎~○
速効性 ×
効果の持続時間 3~5 5~10 24~36
副作用
食事の影響 ×
 お酒の影響

以上の条件を総合的に考えると、まず効果の強さや速効性で選ぶならバイアグラ系かレビトラ系です。バイアグラ系とレビトラ系は似ていますが大体の項目でレビトラ系の方が優れているのでレビトラのほうが無難です。
ただ食事の影響や持続力などは必要ない人にとっては関係ない項目ですし、副作用も感じないならどれを飲んでも同じです。バイアグラ系が好きな方は無理にレビトラ系に変える必要はありません。

持続時間で選ぶなら数時間で2回戦をしたいならレビトラ系でもOKですが、泊まりで2日間いっしょにいていつでもエッチできる状態にしたいというならシアリス系一択でしょう。

エッチの前に食事をしたいとかお酒も少し飲みたいというならレビトラ系かシアリス系を前もって飲んでおくか、エッチの前にレビトラ系を使うのがいいでしょう。

ここまで読んでまだ迷っているという方は、3種類を買って飲み比べてみるのもいいでしょう。日本国内のEDクリニックなら3種類を1錠ずつ買って5000円くらいです。
個人輸入の場合は3種類のジェネリックが10錠ずつセットで1錠100円程度で買えるのでかなりお得です。合計30錠あるので服用量を変えてみたり食後に試したりいろいろ効果を確かめるには便利です。安すぎるので不安という方もいるようですが、ジェネリックでも正規品が届くので安心です。
また3大ED治療薬以外のステンドラ系とザイデナ系も合せて5種類のセットもあります。その2つはジェネリックでも少し高いので値段も倍くらいになりますが、それでも1錠200円なので色々試してみたい方にはオススメです。
先発薬のセットもありますが、海外向けなので日本国内の先発薬よりも少し安いです。ジェネリックよりもまずはオリジナルを使ってみたいという方には先発薬のセットもいいですね。

ジェネリック
3種セット
30錠
(1錠 110円)
3,300円
ジェネリック
5種セット
38錠
(1錠 200円)
7,600円
先発薬セット 12錠
(1錠 1,416円)
17,000円

 

投稿日:

Copyright© 海外のお薬通販 , 2018 AllRights Reserved.