●ED治療薬 ザイデナ系

ズデナ(Zudena)

更新日:

ズデナ(Zudena)とは

アバナは2005年に韓国の東亞製薬が開発したザイデナ(Zydena)というED治療薬のジェネリックです。韓国・ロシア・フィリピンなどで承認されていますが、日本や欧米などではいまのところ未承認です。

有効成分のウデナフィルはバイアグラ・レビトラ・シアリスなどと同じ5型ホスホジエステラーゼ阻害剤系です。

性能的には3大ED治療薬の中ではレビトラに1番似ています。レビトラより若干持続時間が長いですが速効性では少し負けています。値段は少し高めですがズデナが1番体に合うという人も結構いるので、他のED治療薬で満足できない方は試してみるのもいいかもしれません。

ズデナ(Zudena)の効能

日本での適応・処方
国内未承認
海外での適応・処方
勃起不全(ED)

日本での商品名

国内未承認

ズデナ(Zudena)の有効成分

成分名:ウデナフィル(Udenafil)

化学式:C25 H36 N6 O4 S

韓国の東亞製薬が2005年に韓国で承認を受けた成分です。バイアグラなどと同じ5型ホスホジエステラーゼ阻害剤なので、作用機序や副作用などはだいたい同じだと考えていいでしょう。

男性は勃起する時に「①脳が性的に興奮する」「②体に興奮が伝わり勃起するように指示が出る」「③指示を受け取って勃起する」という3つの流れがあります。この段階の③でペニスの海綿体に血液が溜まって勃起するのを邪魔する物質が「5型ホスホジエステラーゼ」という酵素です。
ウデナフィルはこの5型ホスホジエステラーゼが勃起の邪魔をするのを止めるという作用があります。それに加えてウデナフィルには全身の血行をよくするという作用もあります。これらの作用によってウデナフィルを服用するとペニスが正常に勃起するという効果が生まれるというわけです。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの3大ED治療薬と比較すると、ウデナフィルはレビトラ系に一番近いといえるでしょう。食事の影響や副作用などのマイナス面もレビトラ系と同じくらいなのでバイアグラよりは使いやすいです。

ズデナ(Zudena)の血中濃度

血中濃度
空腹で服用した場合、服用してから60~90分後には血中濃度が最大になります。血中濃度の半減期(血液中の成分が半分になるまでの時間は)は12時間です。
持続時間
効果が持続する時間は、服用量に左右されます。EDの症状の重さや体質などによってかなり個人差がありますが、持続時間は12時間くらいのようです。

ズデナ(Zudena)の服用量

通常の服用量は100mgです。1回の最小服用量は50mg、最大服用量は200mgで、連続して服用する場合は24時間以上間隔を空けます。
日本では適応がないのでこれらはすべて海外の処方になります。海外ではバイアグラの使用量が通常50mg・最大100mgなので日本の倍です。アバナフィル(ステンドラ)もウデナフィルと同じで最大200mgですが、バイアグラを基準に考えるとウデナフィルの200mgは日本人には量が多すぎるので100mgがMAXと考えておいたほうがいいかもしれません。

服用量の調節
1錠をまるごと飲まない場合は、錠剤を切って必要な分だけ服用して残りはピルケースなどで保管します。空気に触れていると成分が酸化して劣化するので、回すタイプの蓋の密閉容器や小さなチャック袋がオススメです。
切断するのは、カッター・ナイフ・ハサミなど刃がついていればなんでもOKですが、錠剤を切るピルカッターを使ったほうがキレイに切れますし切った時にどこかに飛んでいってしまう事もありません。

ズデナ(Zudena)を服用するタイミング

早めに飲んでおく場合
ウデナフィルの持続時間は最大12時間ということなので、かなり早めに飲んでもOKということになります。ただし効果が最大になっているのは服用後1~2時間後なので、効果をしっかり発揮させたい場合はあまり早く飲まないほうがいいでしょう。

セックスの直前に飲む場合
説明書には60分前と書いてあります。速効性ではバイアグラと同じくらいかやや劣りますね。

食後に服用する場合
ここまでは空腹で服用する場合の事を書きましたが、食後に服用する場合は食べたものの内容や量によりますが、薬の成分を吸収する時間が数十分から数時間遅れると思ったほうがいいでしょう。

食前に服用する場合
食事の影響については下のほうで書きますが、空腹時に薬がすべて吸収されるのにかかる時間は30分程度です。ですから食事の30分前に多めの水分で服用しておけば薬は吸収されているので、その後になにをどれだけ食べても全く関係ありません。
服用してから30分はあまり食べ物を食べないようにしましょう。

ズデナ(Zudena)の服用方法

1回の服用量をコップ1杯程度の多めの水やお湯などで服用してください。お茶やコーヒーなどでも問題ありません。バイアグラよりも脂質の影響は受けにくいですが、スープやクリームたっぷりののジュースなどあまり脂っこい飲み物で飲むのはオススメしません。

ズデナ(Zudena)の食事の影響

食事の影響はないといわれていますが、実際はレビトラ系と同じくらいのようです。つまり、量をたくさん食べたりあまり脂っこいものを食べると効果が落ちるということです。
食後に飲んでもいいですが、あっさりめの食事で量を少なめがいいです。

またウデナフィルは作用時間が長いので、セックスの前に食事をするような状況のときは食事の30分くらい前に服用して薬の成分を体に吸収したあとに食事をするのがいいでしょう。

ズデナ(Zudena)の副作用

バイアグラ系よりも副作用は少ないですが、それでもお薬の性質上副作用は存在します。

一般的な副作用

ほてり、頭痛、赤面・目の充血・鼻詰まり
これはウデナフィルを飲んで全身の血行が良くなることが原因で起きる副作用です。運動をしたりオフロに入ったりお酒を飲んだ時と同じような状態です。お酒を飲んで赤くなったり頭痛がする人はこの副作用が強めに出ます。この副作用はお薬のピークに強くなりだんだん弱くなっていきますので、心配する必要はありません。あまりひどいときには頭痛薬などを飲んでも構いませんが、通常は時間が経てば自然となくなります。
副作用が強いと感じる方は、次回は服用量を少なくする事をオススメします。
めまい・視覚の異常
ウデナフィルには血圧を下げる副作用と、視覚に影響して視界が青や白っぽく見えるという副作用があります。どちらも目に影響して同時に起きると、立ちくらみがして視界がチカチカするかもしれません。ただしこれも上の副作用と同じく薬の効果が出ると自然に起きる副作用で時間がたてば消えるものなので心配はいりません。

まれな副作用

急激な血圧低下
もともと全身の血行が良くなって血圧が下がる副作用がありますが、体調が悪かったり他に血圧が下がるお薬を飲んでいたりすると、極端に血圧が下がって倒れてしまうような事があります。血圧がもともと低い方は、服用量を少なめにして血圧が下がりすぎないように気をつけましょう。血圧が下がりすぎてフラフラしてきたら安静にしましょう。また万が一倒れて意識がなくなった時には医師にED薬を服用したことを伝えれば治療がしやすくなりますので、パートナーの方に飲んだことを伝えておくとよいでしょう。
持続性勃起症
勃起薬なので勃起するのはいいことですが、何らかの原因でペニスがずっと勃起したままになってしまうことがあります。これを持続性勃起症といいます。勃起が収まらないと、最悪の場合はペニスの組織が死んでしまうという自体にもなりかねません。
「痛みをともなう勃起が4時間以上続く場合」は、病院で診察を受けてください。ED薬を飲んだことを伝えれば治療も簡単ですので、診察を受ける際に恥ずかしがらずに伝えましょう。

この他にも副作用はあります。異常を感じた場合は医師の診察を受けてください。

ズデナ(Zudena)の飲み合わせ

併用禁止薬は本当に危険なので、併用禁止薬を使用している方は本剤を服用しないでください。
併用注意薬は、併用することが絶対にNGではありませんが注意が必要なお薬です。使用中の方は医師に相談してみてください。
心配な方は主治医やEDクリニックなどで聞いてみることをオススメします。

併用禁忌薬
・硝酸塩またはグアニル酸シクラーゼ刺激薬
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・経口抗真菌薬のケトコナゾール及びイトラコナゾール
・抗生物質のクラリスロマイシン、テリトロマイシン、エリスロマイシンなど
・降不整脈薬あるいはαブロッカーと呼ばれる降圧薬
・高血圧の治療薬(降圧剤)
・その他のED治療薬

ズデナ(Zudena)を服用できない方

下記に当てはまる方は服用できません。

・本剤の成分にアレルギーがある方
・未成年の方
・女性の方
・6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方
・重い肝臓病の方
・不安定狭心症の方
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と医師にいわれている方
・網膜色素変性症患者の方
・極度の低血圧の方(安静時収縮期血圧<90/50mmHg)
・治療により管理されていない高血圧(安静時拡張期血圧>170/100mmHg)
・併用禁忌薬を服用している方

ズデナ(Zudena)の注意点

・血圧が低めの方や高めの方は、範囲内だったとしても具合が悪くなりやすいです。飲む場合は服用量に注意しましょう。
・バイアグラよりも影響が少ないとはいえ、食事の影響がゼロではありません。服用前に食べる場合は、あっさりしたものを少なめに食べましょう。
・バイアグラ系と比べて副作用は少なめですがそれでも副作用を強く感じる人もいます。服用量を少なくするかシアリス系などの他のED薬を試しましょう。
・本剤に催淫効果はありません。
・本番の前にできれば予行演習ということで一人で飲んでみて「どのくらいの量が適当か」「副作用はどのくらい感じるか」「どのくらい持続するか」などチェックしてみましょう。
・世界中で効果が認められて医薬品として承認されていますが、100人が100人効果があるというわけでもありません。EDの原因はいろいろとあって、本剤だけでなくバイアグラ系なども全て効かないという場合もありますし、人によってはレビトラ系は効果がないけどバイアグラ系は効くという事もあります。本剤が効かない場合は、まずは空腹で準備万端にしてもう一度飲んでみる。それでダメなら他のお薬を試してみるのもいいかもしれません。
またバイアグラ・レビトラ・シアリス以外にもED治療薬はいくつか種類があります。全く違う系統の成分もありますのでそれも選択肢の一つとして検討するのもアリです。

ズデナ(Zudena)を海外から取り寄せる

こちらの商品は個人輸入が認められている成分ですので、通販で購入して取り寄せることができます。こちらのお店注文すると、1~2週間ほどで郵送で届きます。
ただしこちらは海外で製造されて海外でチェックを受けている商品なので、日本の厚生労働省が承認した医薬品ではありません。海外の薬を取り寄せる場合は自己責任になりますので使用する際には十分気をつけましょう。

ズデナ(Zudena)100mgの個人輸入

-●ED治療薬, ザイデナ系

Copyright© 海外のお薬通販 , 2018 All Rights Reserved.