●ペット 白内障

クララスティル(Clarastill)

更新日:

クララスティル(Clarastill)の効能

犬の白内障

クララスティル(Clarastill)とは

犬の白内障を治療する点眼薬です。もともと人間の白内障の治療薬として開発されましたが、犬の眼は構造が人間と非常に似ていて犬にも効果があるので使用されています。

クララスティルはEUで売られている商品名で、アメリカのキャンシー(CAN-C)と同じ先発薬です。成分が同じで安価なジェネリックのシーナックという商品があるので、費用を安く抑えたい場合はジェネリックを使うといいでしょう。

白内障は眼球の中にタンパク質がたまってレンズが曇ってしまい、目が見えにくくなってしまう病気です。このお薬を毎日点眼することで眼球内のタンパク質が少しづつ分解されて眼がみえやすくなります。
ただし白内障でも症状が進行して重度になっていると目薬では効かず手術などが必要になります。このお薬で治すには白内障をできるだけ早期に発見することが大事です。

日本での商品名


クララスティル(Clarastill)の有効成分

成分名:N-アセチルカルノシン(N-acetyl-carnosine),カルボキシメチルセルロース(Carboxymethyl cellulose)

クララスティル(Clarastill)の使用量

1回の使用量は右目に2滴、左目に2滴で合計4滴になります。

クララスティル(Clarastill)の使用方法

1日に朝晩の2回、右目と左目の両方に2滴ずつ点眼しますが、両目に1滴ずつ点眼して5分空けてからもう1滴ずつという風に間をあけてください。その方が効果が高くなります。

クララスティル(Clarastill)の使用頻度

点眼してすぐに治るわけではなく少しずつ曇りの原因のタンパク質がとれて見えやすくなります。
見えにくい間は1日に2回、朝と夜に点眼してください。
見えやすくなってきたら、1日1回に減らして維持します。

クララスティル(Clarastill)の副作用

重大な副作用は報告されていませんが、異常があった場合にはすぐに獣医師にご相談ください。

クララスティル(Clarastill)の注意点

抗酸化サプリやピレノキシン系の目薬とは併用できません。
開封後は30日で使い切ってください。

クララスティル(Clarastill)を海外から取り寄せる

こちらの商品は個人輸入が認められている成分ですので、通販で購入して取り寄せることができます。動物病院で処方されるよりもかなり安くなりますので、通販のほうが節約になりますね。こちらのお店注文すると、7~10日ほどで到着します。

クララスティル(Clarastill)の個人輸入

-●ペット, 白内障

Copyright© 海外のお薬通販 , 2018 All Rights Reserved.