●メンタルヘルス うつ症状 そう症状 双極性障害 統合失調症 非定型抗精神病薬

クエル(Quel)

更新日:

クエル(Quel)の効能

日本での適応・処方
統合失調症、双極性障害におけるうつ症状の改善 、不安感、緊張感、抑うつ、そう症状など
海外での適応・処方
同上

クエル(Quel)とは

クエルは有効成分にクエチアピンを配合した統合失調症、双極性障害などの治療薬です。日本ではアステラス製薬が出している「セロクエル」やセロクエルの徐放錠「ビプレッソ」の名前で知られているお薬です。
アメリカでは1997年、日本では2000年に承認されました。

クエチアピンはセロトニンとドパミンの両方の受容体を阻害する作用があり第2世代抗精神病薬=非定型抗精神病薬と呼ばれる種類のお薬です。日本では他にも非定型抗精神病薬に分類される成分が8種類承認されています。

非定型抗精神病薬の中で比較すると、クエチアピンは統合失調症の治療において陰性症状への効果は優れていますが陽性症状への効果はよくありません。双極性障害については通常は1日1回の服用で済む徐放錠を使用します。

副作用を比較すると錐体外路症状や高プロラクチン血症系の副作用は少ないですが、血糖値が上がりやすいとされていますので服用時は定期的な検査が必要です。
また鎮静作用による眠気の副作用が強いことから睡眠導入剤として使用されていることがありますが、これは推奨される使用方法ではありません。

日本での商品名

セロクエル、ビプレッソ徐放錠、クエチアピン

クエル(Quel)の有効成分

成分名:クエチアピン(Quetiapine)

化学式:C21 H25 N3 O2 S

1985年にゼネカ社(現在はアストラゼネカ)が開発したジベンゾチアゼピン系の成分です。セロトニンとドパミンの両方の受容体に作用する非定型抗精神病薬になります。統合失調症の他にも双極性障害の治療薬や安定剤としても使用されています。アメリカではうつ病の治療でも承認があります。

第2世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に分類される成分は、リスペリドン、クエチアピン、ペロスピロン、オランザピン、アリピプラゾール、ブロナンセリン、クロザピン、パリペリドンの8種類です。

非定型抗精神病薬の中では錐体外路症状や高プロラクチン血症などの副作用が少ないですが、糖尿病性の副作用について高いリスクが指摘されています。また口の渇きと鎮静作用による眠気の副作用が強めにでます。

クエル(Quel)の服用量

統合失調症
初期用量を1回25mgを、1日2~3回服用します。維持用量は通常1日150~600mgを2~3回にわけて服用します。
(1日の最大服用量は750mgです。)

※服用方法や服用量は症状、体質、副作用などにより異なります。自分の判断で服用量を増やしたり、途中で服用を中止したりしてはいけません。医師や薬剤師の指示を守りましょう。
また通常の副作用以外の異常を感じる場合には、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

クエル(Quel)の服用方法

1回の服用量を水やお湯などで服用してください。お茶やコーヒーなどでも問題ありません。

毎日定期的に服用してください。飲み忘れた場合は2回分を一度に服用せずに1回分を服用します。

クエル(Quel)の血中濃度

ピーク:2.5時間後
半減期:9~12時間

クエチアピンは2.5時間で血中濃度が最高になって6時間で半減しますが、主代謝物のノルケアピンの半減期は9~12時間になっています。

毎日服用を続けることで血中濃度が安定し効果がでてきます。飲み忘れに気付いたらすぐに1回分を服用してください。

クエル(Quel)の副作用

頭痛、眠気、めまい、便秘、たちくらみ、口の渇き、生理不順、乳汁分泌、錐体外路症状、吐き気、食欲異常、体重増加、高血糖、動悸、不整脈など

眠気、口の渇きは100%に近い確率で出ます。
血糖値が高くなりやすいので糖尿病の方や糖尿病の因子を持っている方は特に注意が必要です。血糖値のチェックだけでなく、糖尿病性昏睡や糖尿病性ケトアシドーシスなどを防ぐためにも、喉の渇き・トイレの回数・体調の変化など血糖値が原因の副作用にも気をつけましょう。
体重が増加しやすいので食生活に注意しましょう。
長期服用時は「遅発性ジスキネジア」にも注意が必要です。

この他にも副作用は色々とあります。調子がよくても定期的に診察を受けておきましょう。
急にお薬の服用をやめると離脱症状があります。症状がよくなっても自分の判断で服用をやめずに医師の指示に従ってください。

クエル(Quel)の飲み合わせ

本剤と他のお薬との飲み合わせについて。服用する前に医師や薬剤師に確認しましょう。

併用禁忌薬
アドレナリン
併用注意薬
ほかの安定剤、マクロライド系抗生物質、アゾール系抗真菌薬、抗エイズウイルス薬、抗てんかん薬、リファンピシン、アルコールなど
他にもいくつか注意が必要な薬があります

クエル(Quel)の注意点

・本剤にアレルギーがある場合は服用しないでください。
・服用前に必ず医師の診察を受けて、副作用や飲みあわせなどの確認をおこなってください。
・糖尿病の方は使用できません。また糖尿病の発症リスクがある方は注意が必要です。血糖値が上がる場合があります。
・異常に喉が渇く場合は血糖値が上がっているかも知れません。医師の診察を受けてください。
・また倦怠感、体のふるえ、眠気などの症状にも注意してください。血糖値が下がっているかも知れません。
・肝臓病、腎臓病、心臓疾患、低血圧、不整脈、低血圧、てんかん、高齢、24歳以下など、服用に注意が必要な場合があります。
・そのほか、持病がある方、体が動かせない方など、医師の診察を受けてよく相談してから服用してください。
・服用量を増やす場合は医師と相談しながら徐々に行ってください。
・急に服用をやめると症状が再発することがあります。自己判断でお薬の増量・服用中止などせずに、医師に相談しながら服用してください。
・子どもの手の届かない冷暗所で保管してください。

クエル(Quel)を海外から取り寄せる

こちらの商品は個人輸入が認められている成分ですので、通販で購入して取り寄せることができます。こちらのお店注文すると、7~10日ほどで郵送で届きます。
ただしこちらは海外で製造されて海外でチェックを受けている商品なので、日本の厚生労働省が承認した医薬品ではありません。海外の薬を取り寄せる場合は自己責任になりますので使用する際には十分気をつけましょう。

クエル(Quel)25mgの個人輸入
クエル(Quel)50mgの個人輸入
クエル(Quel)100mgの個人輸入
クエル(Quel)200mgの個人輸入

-●メンタルヘルス, うつ症状, そう症状, 双極性障害, 統合失調症, 非定型抗精神病薬

Copyright© 海外のお薬通販 , 2018 All Rights Reserved.