●メンタルヘルス 統合失調症 非定型抗精神病薬

エリシア(Elicia)

更新日:

エリシア(Elicia)の効能

日本での適応・処方
統合失調症
海外での適応・処方
同上

エリシア(Elicia)とは

エリシアは統合失調症の治療薬「ロナセン」のジェネリックです。大日本住友製薬が開発して2008年に日本で承認されました。まだ日本国内ではジェネリックが承認されていないので先発薬のロナセンしか処方されません。

有効成分のブロナンセリンはセロトニンとドパミンの両方の受容体を阻害する作用があり第2世代抗精神病薬=非定型抗精神病薬と呼ばれる種類のお薬です。日本では他にも非定型抗精神病薬に分類される成分が8種類承認されています。

非定型抗精神病薬の中で比較すると、ブロナンセリンは特にドーパミンへの親和性が高いことからDSA(ドーパミン・セロトニン・アンタゴニスト)とも呼ばれています。陽性症状と陰性症状の両方に効果がありますが、特に陽性症状へのより高い効果が期待できます。また速効性も高いので急性憎悪期の治療にも効果があるとされています。

副作用を比較すると錐体外路症状や高プロラクチン血症系の副作用は少ないですが、血糖値が上がりやすいとされていますので服用時は定期的な検査が必要です。

日本での商品名

ロナセン

エリシア(Elicia)の有効成分

成分名:ブロナンセリン(Blonanserin)

化学式:C23 H30 F N3

2008年に日本の大日本住友製薬が開発した成分です。日本では承認されていますがアメリカでは承認されていません。第2世代抗精神病薬に分類される成分で、セロトニンとドパミンの両方の受容体に作用しますが、特にドパミンへの作用が強いという特徴があります。また脂溶性が高いので脳内へ浸透しやすいという性質があり、急性憎悪期の治療にも期待できます。

第2世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に分類される成分は、リスペリドン、クエチアピン、ペロスピロン、オランザピン、アリピプラゾール、ブロナンセリン、クロザピン、パリペリドンの8種類です。

非定型抗精神病薬の中では錐体外路症状や高プロラクチン血症などの副作用が少ないとされています。

エリシア(Elicia)の服用量

統合失調症
初期用量を1回4mgを、1日2回朝夕の食後に服用します。維持用量は通常1日8~16mgを2回にわけて食後に服用します。
(1日の最大服用量は24mgです。)

※服用方法や服用量は症状、体質、副作用などにより異なります。自分の判断で服用量を増やしたり、途中で服用を中止したりしてはいけません。医師や薬剤師の指示を守りましょう。
また通常の副作用以外の異常を感じる場合には、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

エリシア(Elicia)の服用方法

1回の服用量を水やお湯などで食後に服用してください。お茶やコーヒーなどでも問題ありません。
空腹で服用すると胃に負担がかかりますので、服用前になにか食べるようにしてください。

毎日定期的に服用してください。飲み忘れた場合は2回分を一度に服用せずに1回分を服用します。

エリシア(Elicia)の血中濃度

ピーク:1.5時間後
半減期:12時間

ブロナンセリンは毎日2回服用することで血中濃度が安定し効果が出てくるお薬です。上記は単回で空腹時に服用した場合のピークと半減期の数字ですが、毎日食後に2回服用してください。

エリシア(Elicia)の副作用

頭痛、眠気、めまい、便秘、たちくらみ、口の渇き、生理不順、乳汁分泌、錐体外路症状、吐き気、食欲異常、体重増加、高血糖、動悸、不整脈など

錐体外路症状、高プロラクチン血症、起立性低血圧症、体重増加などの副作用が他の抗精神病薬と比較して少ないとされていますが、全く無いわけではありません。
血糖値が高くなりやすいので糖尿病の方や糖尿病の因子を持っている方は特に注意が必要です。血糖値のチェックだけでなく、糖尿病性昏睡や糖尿病性ケトアシドーシスなどを防ぐためにも、喉の渇き・トイレの回数・体調の変化など血糖値が原因の副作用にも気をつけましょう。
長期服用時は「遅発性ジスキネジア」にも注意が必要です。

この他にも副作用は色々とあります。調子がよくても定期的に診察を受けておきましょう。
急にお薬の服用をやめると離脱症状があります。症状がよくなっても自分の判断で服用をやめずに医師の指示に従ってください。

エリシア(Elicia)の飲み合わせ

本剤と他のお薬との飲み合わせについて。服用する前に医師や薬剤師に確認しましょう。

併用禁忌薬
アドレナリン、アゾール系抗真菌薬(内服薬)、HIVプロテアーゼ阻害剤、テラプレビル、コビシスタット
併用注意薬
ほかの安定剤、降圧剤、ドパミン作動薬、クラリスロマイシン、カルバマゼピン、バルビツール酸誘導体、リファンピシン、グレープフルーツジュース、アルコールなど
他にもいくつか注意が必要な薬がありますので服用中のお薬を医師に伝えてください。

エリシア(Elicia)の注意点

・本剤にアレルギーがある場合は服用しないでください。
・服用前に必ず医師の診察を受けて、副作用や飲みあわせなどの確認をおこなってください。
・肝臓病、心臓疾患、低血圧、パーキンソン病、てんかん、高齢の方、認知症の方、自殺願望が強い方など、服用に注意が必要な場合があります。
・そのほか、持病がある方、体が動かせない方など、医師の診察を受けてよく相談してから服用してください。
・糖尿病の方、糖尿病の発症リスクがある方は注意が必要です。血糖値が上がる場合があります。異常に喉が渇く場合は血糖値が上がっているかも知れません。医師の診察を受けてください。
・また倦怠感、体のふるえ、眠気などの症状にも注意してください。血糖値が下がっているかも知れません。
・服用中は眠気や立ちくらみが起こりやすいので機械の操作や運転、高所での作業は避けてください。
・急に服用をやめると症状が再発することがあります。自己判断でお薬の増量・服用中止などせずに、医師に相談しながら服用してください。
・子どもの手の届かない冷暗所で保管してください。

エリシア(Elicia)を海外から取り寄せる

こちらの商品は個人輸入が認められている成分ですので、通販で購入して取り寄せることができます。こちらのお店注文すると、7~10日ほどで郵送で届きます。
ただしこちらは海外で製造されて海外でチェックを受けている商品なので、日本の厚生労働省が承認した医薬品ではありません。海外の薬を取り寄せる場合は自己責任になりますので使用する際には十分気をつけましょう。

エリシア(Elicia)の個人輸入

-●メンタルヘルス, 統合失調症, 非定型抗精神病薬

Copyright© 海外のお薬通販 , 2018 All Rights Reserved.