医薬品の個人輸入の危険性

いまはインターネットの普及によって個人でも簡単に海外のお薬を購入できるようになっていますが、その一方で薬物の乱用・ニセモノ・健康被害などの問題も表面化してきています。
厚生労働省は国民の健康のために日本に入ってくる海外の医薬品やサプリメントを調査したり個人輸入にルールを設けたりしていますが、それだけでは追いついていないのが現状です。

医薬品は国によって規制する法律が違います。海外では合法的に売っていても日本では違法になっている成分があります。また簡単に買えるサプリメントなどの商品でも日本では健康被害が発生している場合もあります。
日本では薬を分類して効果や副作用が強い薬は医師や薬剤師の説明がないと購入できないようにしていますが、海外から取り寄せる場合はその説明がなく購入できてしまいます。診察や問診を受けずに自分の判断で薬を選んで服用することで、病気や体質に合わないお薬を選んでしまったり、飲み合わせが悪い薬を飲んで具合が悪くなったり、服用量を海外の基準をみて多めに飲んでしまったり、服用方法を間違えていて効果が出ないということもあります。

お薬の個人輸入は簡単で便利ですが、購入や服用の責任はすべて自分の責任になります。販売されている薬の知識はもちろん、個人輸入のルール、関係する法律、注意すべき点などをしっかり把握して賢く利用することが大事です。

更新日:

Copyright© 海外のお薬通販 , 2018 AllRights Reserved.